滋賀県高島市マキノ町寺久保の農業公園マキノピックランドでクリが収穫の時期を迎えている。親子連れらが、艶やかな茶色の実を拾い、本格的な秋の訪れを満喫している。 約55ヘクタールの観光クリ園には10種類、約1万7千本の木が植えられ、9月初旬から実が落ち始めた。担当者によると、今年は生育が順調で、台風による被害もなかったことから、例年よりも実が多くついているという。 園内では虫の鳴き声が響く中、親子連れらがクリの木陰を歩き、「ここにいっぱいあるよ」などと声を掛け合いながら、大きく育った実を見つけては、収穫の喜びを分かち合っていた。 観光クリ園は10月20日ごろまで催す予定。中学生以上1600円、小学生800円。問い合わせは同ランド0740(27)1811。

情報源: 「ここにいっぱい」クリの実どっさり 滋賀の農業公園で収穫本格化(京都新聞) – Yahoo!ニュース