滋賀県高島市は3日、風疹の抗体検査のため市内の医療機関を受診した50代男性に、誤って新型コロナウイルスのワクチンを打つ事故があったと発表した。 市コロナワクチン対策室によると、医師が接種対象者と思い込んでワクチン接種したという。医師がカルテを確認して間違いに気がついた。男性はすでにワクチン接種を2回を終えており、健康状態に問題はないという。

情報源: 別の検査で受診男性に、コロナワクチン誤接種 医師が思い込み、本来は風疹抗体検査|社会|地域のニュース|京都新聞