陸上自衛隊中部方面隊は12日、滋賀県高島市の饗庭野(あいばの)演習場で行われた戦車の射撃の精度を競う「方面隊戦車射撃競技会」を報道陣に公開した。競技会は部隊の射撃の能力向上に役立てるのが主な狙い。この日は74式戦車を運用する高島市の第3と第10戦車大隊や岡山県の第13戦車中隊から5つの小隊が参加。1列に並んだ4両の戦車が1キロ離れた目標を戦車砲で攻撃するなど日ごろの訓練の成果を披露した。小隊対抗部門で優勝した第3戦車大隊の足木君光(きみか)3曹は「操縦手としての役割を悔いなく果たせた。これからも練精してよい結果を出せるように頑張りたい」と話した。

情報源: 74式戦車などずらり 滋賀で戦車射撃競技会  – 産経ニュース