夏休みの時期に合わせて、子どもたちに人気の国内外のカブトムシやクワガタを紹介する企画展が滋賀県高島市で開かれています。この企画展は高島市のキャンプ場で毎年、夏休みに開かれていて、昆虫の愛好家グループが育てた国内外のカブトムシとクワガタおよそ20種類が展示されています。このうち子どもたちに一番人気なのは中南米に生息し世界最大のカブトムシとして知られる「ヘラクレスオオカブト」で、およそ15センチの体の半分ほどもある1本の長く大きな角が特徴です。またオーストラリアやオセアニアに生息する「ニジイロクワガタ」は、体の表面に緑や赤の金属のような美しい光沢があります。会場にはカブト厶シに直接触れることができるコーナーも設けられ、訪れた親子連れはカブトムシを触ったり、一緒に写真を撮ったりして楽しんでいました。高島市から家族と訪れた小学4年生の男の子は、「ヘラクレスオオカブトが見たくて来ました。初めて見て、カッコいいなと思いました」と話していました。昆虫を育てた昆虫愛好家グループの吉富陽 代表は、「感染防止対策をとって運営しているので、是非、間近で見てほしいです」と話していました。この企画展は、高島市の家族旅行村ビラデスト今津で今月(8月)15日まで開かれています。

情報源: 滋賀 高島 カブトムシやクワガタを紹介する世界の昆虫展|NHK 関西のニュース