日本を代表する織物の産地、滋賀県高島市のものづくりを特集 プリスティン、「日本のものづくりフェア」開催 同エリアから誕生した「リネンコットンツイルシリーズ」から新作発表 :時事ドットコム:

[株式会社アバンティ]

株式会社アバンティ(本社:東京都新宿区、代表:奥森秀子)が展開する、オーガニックコットンのサスティナブルな暮らしを提案するオリジナルブランド「PRISTINE(プリスティン)」は、2022年8月3日(水)より、滋賀県高島市のものづくりを特集した「日本のものづくりフェア」開催いたします。また、同エリアのものづくりから誕生した「リネンコットンツイルシリーズ」より、新商品の販売を開始いたします。
■日本のものづくりフェア:https://www.pristine.jp/shop/e/e2208mono/

■日本のものづくりフェア:https://www.pristine.jp/shop/e/e2208mono/

プリスティンが大切にしていることの一つが「メイド・イン・ジャパン」。日本でこれまで培われ、職人が引き継いできた伝統や技術を活かすために、糸から生地、そしてみなさまの手にお届けする最終製品までの工程を日本国内で行っています。
 今回の「日本のものづくりフェア」では、日本を代表する織物の産地である滋賀県高島市のものづくりを特集しています。製品が出来上がるまでのストーリーや、誕生したアイテムの紹介。期間限定で楊柳の生地を使用した「楊柳アームカバー」をプレゼントなど、メイド・イン・ジャパンにこだわったプリスティンのものづくりについてご紹介しています。また、滋賀県にあるブルーベリーフィールズでは、オーガニックコットンを育てている畑と同じ畑で育った無農薬野菜や食品をお届けする「衣食同源プロジェクト」を実施しています。今の時期しか食べられない生のブルーベリーは摘みたてのフレッシュな状態でお届けしいたます。

D55095 46 64a051a4f8c97ecd62b4 0D55095 46 63c014339248eefa2e13 1