月に1回「滋賀県北部の日」 知事が県庁飛び出し現場で公務 | 毎日新聞:

三日月大造知事は6日、滋賀県北部地域の振興策を探るため、毎月1回、長浜、高島、米原3市のいずれかで知事が公務をする「北部の日」を設けると発表した。第1回は8、9両日、長浜市内で自治会や企業関係者らと意見交換したり、学校を視察したりする。6日の定例記者会見で「北部の魅力や可能性を探り、北部だからできる、北部でしかできない振興施策を考えたい」と語った。

三日月知事は、2期目までの人口減少地域、過疎地域での取り組みについて「重点的に展開してきたが、地域の可能性を十分生かし切れていない」とし、3期目は北部振興に一層力を入れる考えを示した。

9