滋賀県「やまの健康」推進プロジェクト!湖国のやまの魅力が8枚のポスターになりました! – 長浜経済新聞:

マザーレイク・母なる琵琶湖、その水源の森を擁する「滋賀のやま」。この「やま」を舞台とした、新しい挑戦の数々をご紹介します。

やまに人が関わることで、人もやまも健康になる。そんな想いを持って滋賀県では令和元年度から、「やまの健康」推進プロジェクトと題した取り組みを進めてきました。ここで言う「やま」とは、森林・林業・農山村の総称。過疎化や高齢化が進む、これら「やま」の地域で、農山村ならではの価値や魅力を活かした関係人口づくりや新たな仕事づくり、山林整備やコミュニティの再生などに積極的にチャレンジされている地元住民のみなさんをこのプロジェクトでは「モデル地域」に選定して応援しています。

今回、5地域(8団体)のこれまでの成果をお知らせするにあたって、あらためて地域の“魅力ポイント”を抽出し、それをポスターという形式で表現しました。県内外や都市部のみなさんにも現在進行形の「やま」での活動を、わかりやすく、そして楽しくお伝えできればと思っています。それでは、順番にご紹介していきます。

1662503627