モノ・ヒト・コトの“はじまりのストーリー”を伝える特別企画が見本市のハブに―「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」(1) | デザイン情報サイト[JDN]

スポンサーリンク

モノ・ヒト・コトの“はじまりのストーリー”を伝える特別企画が見本市のハブに―「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」(1) | デザイン情報サイト[JDN]:

和菓子のブランド「NANASAN(ナナサン)」は、滋賀県高島市安曇川町にある、1932年創業の老舗和菓子店「とも栄菓舗」の若い夫婦の職人が立ち上げました。ディレクションは、デザイナーの橋本崇秀さん。ブランド名は、革新的な試みを「7」、伝統的な技法を「3」とする「革新7:伝統3」の指標を掲げていることから。新しい食体験を追求しながらも、これまでの感覚に寄り添う和菓子を創出していくという想いが込められています。

D5A6197

僕も大好きな1932年創業の老舗和菓子店「とも栄菓舗」が新しいブランドを立ち上げたとのこと。

東京から世界へ向けてライフスタイルを提案する、国際見本市「IFFT/インテリア ライフスタイル リビングが東京ビッグサイトで11月14日から11月16日までの3日間にわたり行われた。そんな中で我らが「とも栄菓舗」さんがコーナーを設け、新ブランドを発表。そのブランドの新製品は来年春に登場するとのことです。滋賀ゆかりの食材を使っているらしい。楽しみですねえ。

とも栄菓舗」さんのさいとはこちら

コメント