黄色ひょっこり早春の息吹 滋賀でザゼンソウ見頃 | 京都新聞

スポンサーリンク

今年もザゼンソウの季節がやって来ましたねえ。ザゼンソウとカタクリの季節は、この群生地を訪れますねえ。気がついたら民家の近くまで入っていったこともあります。

僧侶が座禅する姿に似た「ザゼンソウ」の花が、滋賀県高島市今津町弘川の群生地で見頃を迎えた。冬枯れの風景の中で姿を現し、早春の息吹を伝えている。 サトイモ科の多年草で、湧き水で湿地化したハンノキや竹などの樹林に群落が広がる。濃い紫色の「仏炎包(ぶつえんほう)」が開くと、黄色の丸い花序をのぞかせる。発熱して雪を解かすが、今年は雪が少なく、落ち葉のじゅうたんに無数の花が並ぶ。

コメント