子牛:高校生が育てた近江牛の“原石” 八日市南高が初出品 競り市で高値落札、評価に喜ぶ 高島 /滋賀 – 毎日新聞:

「近江牛」に肥育される県産子牛の生産振興を図ろうと、高島市今津町の高島総合家畜市場で7日開かれた「県連合子牛共進会・競り市」に、県立八日市南高校(東近江市)から子牛2頭が初出品された。農業科の生徒が育てたもので、いずれも高値で落札された。学校関係者は「生徒の励みになる」と高評価を喜んでいる。

スクリーンショット 2018 11 25 10 40 48

近江牛というと湖東のもの。その「県連合子牛共進会・競り市」が湖西の高島市今津町で行われた。湖西にも朽木に宝牧場という近江牛を扱っているところもあるので頑張っていただきたいな。