梅雨空の下、滋賀県高島市今津町浜分の休耕田で、紫やピンクなど色とりどりのハナショウブが咲き誇っている。近くの岩本忠晴さん(67)が約30アールで約5千株を大切に育て、「花菖蒲(しょうぶ)園」として2015年から、無料で公開している。 例年、地域住民が「浜分草の根ハウス」でカフェをオープンさせて見学客をもてなしている。今年はコロナ禍で中止となった。 岩本さんは「生育不良のところもあるが、今年も花をつけてくれた。来週見ごろを迎えます」と話した。

情報源: 滋賀)梅雨空にハナショウブ 高島:朝日新聞デジタル