安曇川町

安曇川町

倒壊恐れの空き家、代執行で解体着手 滋賀県高島市 : 京都新聞

住んでいる人も身よりのない建物があるんですね。倒壊は危険なので仕方の無いことですね。こういったことが起きないように、自分の資産は自分で閉じられるように、いざという時のために考えておかなければいけないですね。 滋賀県高島市は20日、...
安曇川町

書や絵 引き立てる名脇役 : 地域 : 読売新聞オンライン

表具の古典は珍しいのでは無いかな。こう言うものを高島市で作っていることは興味深いですね。一般人向けでは無く、芸術化を相手にした商品なのでなかなか地元にあっても気付かない。 一度は見てみたいですねえ。 書や絵を引き立たせる表具...
フード

高島にプラント21日開店 県内初出店:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)

福井で人気のディスカウントストア。果たして高島市で根付くでしょうか。他の地域からのお客様が増えると良いなあ。楽しみです。 高島にプラント21日開店 県内初出店:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web): 総合ディスカウントストア「PLA...
安曇川町

湖西書き初め展:高島・狩野さん知事賞 高島で始まる 来月3日まで /滋賀 – 毎日新聞

書き初め展は、初詣で行った神社以来かな。神社で書き初めを飾っているのも初めて見たが、こちらは本格的な展示なので是非、来訪しよう!無料です。 第40回湖西書き初め展(実行委主催、毎日新聞大津支局など後援)が26日、高島市安曇...
安曇川町

講書始め:藤樹の志継ぎ、儒書朗読 教育関係者ら 高島 /滋賀 – 毎日新聞

僕ももっと勉強しなければならない分野ですね。教育関係者の方々による朗読。一般の方も参加できるのかな? 江戸初期の儒学者で近江聖人とたたえられる中江藤樹に倣い、新年に勉学の志を示す「講書始め」の行事が11日、高島市安曇川町の...
フード

【滋賀 最新レポ】 冬の郷土料理「じゅんじゅん」って? おすすめ店4選 | ガジェット通信 GetNews

なんと、「ガジェット通信」で高島のことが紹介されていました。 冬の郷土料理「じゅんじゅん」についてだそうです。実は僕も知らない郷土料理でした。 関西風すきやきを鉄板で焼き上げたアイテムです。ジュワっと香ばしく焼けたお肉の音が「じゅんじゅん」...
安曇川町

スノーシュー履き雪の林道歩こう! 高島で13日:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)

スノーシューというのは西洋かんじきだそうです。日本の「かんじき」さえ掃いた事は無いが、これを掃いて雪の中を歩くイベントは体験してみても良いかもねえ。 車にスタッドレスを初めて掃かせて運転したときは結構衝撃的だった。見た目のタイヤはほとんど変...
安曇川町

観光客 5248万1000人最多 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

観光は、安曇川町を筆頭に好調のようだ。湖西地域での宿泊ニーズは昨年より30%弱の伸びで10万人近くも増加しているそうだ。逆に言うと利便性を高めればもっとニーズを開拓出来そうですね。安曇川の道の駅「藤樹の里あどがわ」も相変わらず滋賀県内の集客...
フード

ココクール・マザーレイク・セレクション:湖国で紡がれる物語/35 薫彩堂の「チーズふなずし」 /滋賀 – 毎日新聞

ココクール・マザーレイク・セレクション:湖国で紡がれる物語/35 薫彩堂の「チーズふなずし」 /滋賀 - 毎日新聞: 滋賀の伝統食であるふなずしをフレンチやイタリアンなどのシェフ、ソムリエたちと意見交換を重ね、現代風にアレンジしたのがこの...
フード

モノ・ヒト・コトの“はじまりのストーリー”を伝える特別企画が見本市のハブに―「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」(1) | デザイン情報サイト[JDN]

モノ・ヒト・コトの“はじまりのストーリー”を伝える特別企画が見本市のハブに―「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」(1) | デザイン情報サイト: 和菓子のブランド「NANASAN(ナナサン)」は、滋賀県高島市安曇川町にある、...