新旭町

新食感ソバのチョコや柿のべっこうあめ レシピ無料提供で新たな特産品へ

滋賀県高島市の商工、観光など8団体でつくる高島地域雇用創造協議会は、市内産のソバの実や柿の果肉を使った3種類の菓子を開発した。希望する市内の業者にレシピを無料で提供し、高島の新しい土産物として売り出してもらう。 情報源: 新食感ソバのチョコや柿のべっこうあめ レシピ無料提供で新たな特産品へ

3カ所分散の機能統合、市役所本庁舎オープン 滋賀・高島 : 京都新聞

これで、複数の用事がある時に一度に済ませられるし嬉しい。それに、ここに行けば大丈夫という安心感もあるしねえ〜。 2005年1月の6町村合併以来、3カ所に分散していた滋賀県高島市役所本庁舎機能を統合させる整備工事が完了し、7日に同市役所本庁舎(同市新旭町北畑)でグランドオープン式典が行われた。市職員らが真新しい雰囲気の中で、業務を開始した。

市役所庁舎本館の改修工事が完了しました! | 高島市

市役所庁舎本館の改修工事が完了しました! | 高島市: この度、市役所庁舎本館の改修工事が完了しました。 これにより、平成31年4月27日から4月29日にかけて別館および教育委員会事務局が移転し、令和元年5月7日(火)にグランドオープンしました。

炎に揺らぐ湖岸の春 写真映え、ヨシ「火入れ」 : 京都新聞

害虫駆除のために対応しているんですね。残念ながら僕はインスタチャンスを捉えたことはありません。 滋賀県高島市新旭町針江のヨシ群落(約3ヘクタール)で2日、恒例の「火入れ」が行われた。琵琶湖岸に春を呼び込む炎と煙が上がった。 芽吹きのシーズンを前に、雑草の種子や害虫を駆除し、ヨシの新芽の成長を促す。この日は淡海環境保全財団と市、地元団体の3者が、それぞれが管理するヨシ原で行った。

文化財防火デー:「ご神体」を避難 高島・日吉二宮神社で消火訓練 /滋賀 – 毎日新聞

神社の消防訓練は大切ですね。それにしても消防訓練が初めてだったのですね。他の神社はやっているのかなあ。 高島市新旭町深溝の日吉二宮神社で27日、火災の初期消火訓練があった。市文化財に指定されたご神体の彫刻7体(代替品)を、氏子らが抱きかかえて本殿から安全な場所に運び出した。同神社ではこれまで消火訓練がされたことはないといい、26日の「文化財防火デー」に合わせて市と市消防本部が実施した。

丸型ポスト:「かばた」の高島・針江で返り咲き 住民の声に応え /滋賀 – 毎日新聞

そっかあ、こう言う大型のポストはもう街中では見なくなってきているんですね。ポストも古くなると入れ替えをするんですね。その際に今はもう製造していない丸型ポストを申請したところ、探し出して綺麗にしたものを設置することになったそうだ。味わいがあって良いよね。この丸型ポストは現役で使えるものは少ないんだそうだ。ほとんどは保存&観光用。実用で観光にも使えると思うんだけれどねえ〜。 ただし大型便を入れられるよ […]