虹の街 滋賀県 高島市 を応援しています!
ブログ

地域

故郷の街並み、濃紺で表現 多賀出身・大矢さん、高島で展覧会(中日新聞Web) 多賀町出身の画家大矢良治さん(65)の…|dメニューニュース(NTTドコモ)

多賀町出身の画家大矢良治さん(65)の展覧会が、高島市今津町の今津サンブリッジホテルで開かれている。故郷の街並みなど濃紺を基調とした油彩十四点や今津焼の茶器など十七点がある。三十日まで。入場無料。 大矢さんは高校卒業後、 …

わくわくリポート・花まる企業:/3 植杢(高島市) 屋内水槽で自然を再現 /滋賀 | 毎日新聞

部屋の中にある水槽の中でメダカが気持ちよさそうにすいすい泳いでいます。このコンパクトな屋内ビオトープをつくっているのが、高島市にある株式会社植杢(うえもく)です。 植杢は、江戸時代末期に植木屋の杢兵衛(もくべえ)が創業し …

滋賀県高島市朽木小入谷 いつか行きたい! 日本の絶景 〜近畿エリア 秋篇2021〜(CREA WEB) 自由に海外旅行を楽しむにはまだ少し時間…

滋賀県と福井県の県境にあるおにゅう峠は、滋賀県が誇る紅葉の絶景スポット。気象条件が合うと早朝に雲海を見ることができ、紅葉と雲海の神秘的な光景に出会える。紅葉の例年の見ごろは、10月下旬から11月上旬。「かつて、小浜から京 …

目指せ故郷、産卵控え大きくジャンプ : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

琵琶湖固有種のビワマスの 遡上そじょう が、滋賀県高島市の知内川で始まっている。産卵期を迎え、鮮やかなピンク色になったビワマスは、川のせきを大きくジャンプして上流へ向かう。上流へ向かって川面を跳びはねるビワマス(滋賀県高 …

海渡るチョウ、華麗な羽休め 滋賀の畑、福島から飛来の個体も確認(京都新聞) – Yahoo!ニュース

季節に応じて時に海を越えるほど長距離を移動することから「海を渡るチョウ」として知られるアサギマダラの群れが、滋賀県高島市マキノ町の畑に飛来している。はるばる福島県から来た個体も含まれ、湖西の地で羽を休めながら新たな渡りに …

【乗船料半額!!】高島市民クルーズ2021 |季節のイベントクルーズ|琵琶湖汽船 – びわ湖クルーズ

*******************************************  琵琶湖汽船株式会社(本社:滋賀県大津市浜大津、社長:川添 智史)では、11月1日(月)から12月31日(金)までの期間、今津港を発 …

秋の訪れ告げる赤 4000株のコキアが見ごろ 滋賀のリゾート公園 | 毎日新聞

滋賀県高島市今津町日置前のリゾート公園「びわこ箱館山」で、コキアが赤く色づき、見ごろを迎えている。丸くふわっとした形が愛らしく、観光客の人気を集めている。 コキアはホウキ草とも呼ばれる一年草。冬にスキー場のゲレンデとなる …

イベント| びわこ箱館山

きらきらと湖面を照らす幻想的な景色!満月の翌日は、満月よりも月の出が遅いので「遠慮がち」という意味の十六夜(いざよい)と呼び、その翌日はさらに遅くなるので「月がでるのはいまかいまかと立って待つ」が由来の立待月(たちまちづ …

サギが川に大集合、狙うはアユ 滋賀(京都新聞) 滋賀県高島市の安曇川に数多くのサギが集…|dメニューニュース(NTTドコモ)

賀県高島市の安曇川に数多くのサギが集まり、川辺を白く染めている。産卵のために遡上(そじょう)するアユを待ち構えて狙っており、琵琶湖へと注ぐ川に鳥が大集合する様子は秋の風物詩となっている。 同市新旭町の安曇川に集まっている …

(滋賀)高島市新旭町太田でつきまとい 9月13日午後 | 日本不審者情報センター

滋賀県警などによると、13日午後3時ごろ、高島市新旭町太田の路上で小学生へのつきまといが発生しました。(実行者の特徴:男性、銀色系軽自動車)■実行者の言動や状況・車を徐行させ、下校途中の児童らの後ろをつきまとった。■現場 …

« 1 2 3 4 17 »
PAGETOP
Copyright © 虹の街 高島市 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.