教育

教育

周航の歌資料館「現在地で存続」 京大OBが陳情 高島 /滋賀 – 毎日新聞

琵琶湖周航の歌が生まれた高島市にある「琵琶湖周航の歌資料館」の「機能移転」計画を巡り、周航の歌にかかわりの深い京都大の元ヨット部員、増田哲將(のりまさ)さん(82)=長野市=が4日、「現在地での存続が望ましく、市民の意見を聞いて話し合って...
安曇川町

厳かに中江藤樹しのぶ 命日に祭典、学問の心新た 高島 /滋賀 – 毎日新聞

日本の陽明学派の祖とされ、「近江聖人」とたたえられた中江藤樹(1608~48年)の遺徳をしのぶ「儒式(じゅしき)祭典」が命日にあたる25日、高島市安曇川町の藤樹書院で、中国南宋時代の儒家の礼儀作法書「文公家礼」にのっとり、厳かに行われた...
安曇川町

近江商人の負の歴史「アイヌ民族を劣悪条件で労働」 自費出版 : 京都新聞

滋賀県高島市の近江商人研究家駒井正一さん(69)=安曇川町北船木=が、新著「アイヌ民族の戦い-知られざるアイヌ民族の戦いの真相」を自費出版した。江戸時代、北海道に進出した近江商人らに、生活を奪われたアイヌの人々の苦難に焦点を当てている。
マキノ町

湖上カヤック:力を合わせて1泊2日の旅 高島・マキノ東小 /滋賀 – 毎日新聞

高島市立マキノ東小の5、6年生計25人が23日朝、同市マキノ町海津にある学校前の琵琶湖岸から1泊2日往復約40キロの湖上カヤックの旅に出発した。25人が力を合わせて成長しようと、児童は4月から9回、練習を積んできた。
マキノ町

学ぶ:活動紹介 高島市立マキノ中学校 助産師が「いのちの授業」 /滋賀 – 毎日新聞

なかなか教育として実施することが難しい分野を助産師さんならではの授業となったのでしょう。 少子化や都会への地元離れが進む中、地元で子どもを育てる良さも何か新しい教育で伝えられたら良いですね。 高島市立マキノ中学校で今月、斉藤...
安曇川町

湖西書き初め展:高島・狩野さん知事賞 高島で始まる 来月3日まで /滋賀 – 毎日新聞

書き初め展は、初詣で行った神社以来かな。神社で書き初めを飾っているのも初めて見たが、こちらは本格的な展示なので是非、来訪しよう!無料です。 第40回湖西書き初め展(実行委主催、毎日新聞大津支局など後援)が26日、高島市安曇...
安曇川町

講書始め:藤樹の志継ぎ、儒書朗読 教育関係者ら 高島 /滋賀 – 毎日新聞

僕ももっと勉強しなければならない分野ですね。教育関係者の方々による朗読。一般の方も参加できるのかな? 江戸初期の儒学者で近江聖人とたたえられる中江藤樹に倣い、新年に勉学の志を示す「講書始め」の行事が11日、高島市安曇川町の...
教育

植林:どんぐり苗を 朽木東小6年生、種まきから育てる 高島 /滋賀 – 毎日新聞

朽木は、こう言った教育活動が盛んで良いよね〜。この時期、風邪を引かないように頑張ろう!たくましく育ちそうだなあ〜。 植林:どんぐり苗を 朽木東小6年生、種まきから育てる 高島 /滋賀 - 毎日新聞: 高島市立朽木東小学校の6年生10人が1...
教育

果物収穫、バーチャルで楽しんで 東京「ここ滋賀」で体験会 : 京都新聞

面白いですね。画面を通して東京にいる子どもが写っている柿のどれかを指定すると、実際の収穫場所で連動した画像を見れる仕組みのめがねをかけて指示された柿を収穫する。文章で書くとわかりにくいですね。遠く離れた場所にある柿をマジックハンドで収穫する...
教育

森林や林業の現状学ぶ 高島・朽木中生:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)

森林や林業の現状学ぶ 高島・朽木中生:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web) 情報源: 高島市朽木中学校の二年生十二人が七日、市内の森林や林業の現状を学んだ。県森林税を活用した「ウッドジョブ体感事業」で、今年で四年目。 ...