虹の街 滋賀県 高島市 を応援しています!
ブログ

歴史

藤樹神社の宝物紹介 創立100周年企画展 中江藤樹記念館 高島 /滋賀 | 毎日新聞

藤樹神社の宝物紹介 創立100周年企画展 中江藤樹記念館 高島 /滋賀 | 毎日新聞: 「日本陽明学の祖」と呼ばれる中江藤樹(1608~48)をまつる藤樹神社(高島市安曇川町)の創立100周年を記念し、宝物約20点を展示 …

広島の原爆で犠牲、女学生の物語を朗読とギターで伝える 滋賀の高島の男性 | 京都新聞

「広島原爆の日」の8月6日に、被爆して亡くなった女学生の物語の朗読とギターのコンサートを、クラシックギター演奏家の谷本正夫さん(75)=滋賀県高島市今津町日置前=らが開く。あの日から77年、平和の大切さを訴える。 女学生 …

みんなで棚田を守ろう! 「たな友」の募集を開始しました!|滋賀県ホームページ

このたび県では、私たちに多くの恵みを与えてくれる棚田を保全するため、棚田ボランティア登録制度「たな友」を開始しました。「たな友」は棚田の農作業をお手伝いするサポーターです。県内各地の棚田で行われる農作業やイベント等の情報 …

【「麒麟がくる」コラム】いよいよ立ち上がった朝倉義景!織田信長はいかに対処したのか?(渡邊大門) – 個人 – Yahoo!ニュース

■光秀は若狭に 同年4月30日深夜、京都に戻った信長は、明智光秀と丹羽長秀を若狭に遣わし、若狭武田氏の家臣・武藤友益の母親を人質を取った。人質を取るということは、同盟関係を結んだ証でもある。当時、若狭武田氏は、家中の動揺 …

中2生3人が筏流し 廃校危機、地元「葛川」をPR:朝日新聞デジタル

安曇川の筏流しの歴史は古く、大津市や高島市の資料によると、安曇川や琵琶湖の水運で奈良などに材木が運ばれていたが、戦後に途絶えた。3人のうち中田さんと椎葉さんは小学4年生の時に課外授業で筏流しの話を聞き、小5で森の間伐を体 …

【石仏は語る】瞑想的な面相 慈悲あふれ 玉泉寺石仏群 滋賀県高島市 – 産経ニュース

奈良時代、行基によって開創されたと伝えられる玉泉寺(ぎょくせんじ)は、阿弥陀山山麓の泰山寺野(たいさんじの)の裾野に位置し、天台真盛宗の末寺です。その後、享禄4(1531)年の大火によって寺地を失いましたが、天文2(15 …

琵琶湖治水の先人知って 江戸後期の「太郎兵衛三代」 郷土史家・石田さん、書籍出版 高島 /滋賀 – 毎日新聞

高島市の郷土史家、石田弘子さん(74)が、江戸後期に琵琶湖畔の村々の水害を減らそうと瀬田川の川ざらえに奔走した、深溝村(現・高島市新旭町深溝)の庄屋・太郎兵衛の3代、約半世紀にわたる労苦をまとめた書籍「琵琶湖治水に命をか …

周航の歌資料館「現在地で存続」 京大OBが陳情 高島 /滋賀 – 毎日新聞

琵琶湖周航の歌が生まれた高島市にある「琵琶湖周航の歌資料館」の「機能移転」計画を巡り、周航の歌にかかわりの深い京都大の元ヨット部員、増田哲將(のりまさ)さん(82)=長野市=が4日、「現在地での存続が望ましく、市民の意見 …

厳かに中江藤樹しのぶ 命日に祭典、学問の心新た 高島 /滋賀 – 毎日新聞

日本の陽明学派の祖とされ、「近江聖人」とたたえられた中江藤樹(1608~48年)の遺徳をしのぶ「儒式(じゅしき)祭典」が命日にあたる25日、高島市安曇川町の藤樹書院で、中国南宋時代の儒家の礼儀作法書「文公家礼」にのっとり …

近江商人の負の歴史「アイヌ民族を劣悪条件で労働」 自費出版 : 京都新聞

滋賀県高島市の近江商人研究家駒井正一さん(69)=安曇川町北船木=が、新著「アイヌ民族の戦い-知られざるアイヌ民族の戦いの真相」を自費出版した。江戸時代、北海道に進出した近江商人らに、生活を奪われたアイヌの人々の苦難に焦 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 虹の街 高島市 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.