環境

新食感ソバのチョコや柿のべっこうあめ レシピ無料提供で新たな特産品へ

  • 2020.02.07

滋賀県高島市の商工、観光など8団体でつくる高島地域雇用創造協議会は、市内産のソバの実や柿の果肉を使った3種類の菓子を開発した。希望する市内の業者にレシピを無料で提供し、高島の新しい土産物として売り出してもらう。 情報源: 新食感ソバのチョコや柿のべっこうあめ レシピ無料提供で新たな特産品へ

2月に冬季2度目散布 豚コレラ対策ワクチン:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)

  • 2020.01.31

県は二十九日、豚コレラ(CSF)の感染拡大防止のため、野生イノシシへの経口ワクチンの冬季二度目の散布を、二月四~七日に行うと発表した。東近江、彦根、高島市と多賀町の計百九十カ所に、計五千六百個を散布する。 2月に冬季2度目散布 豚コレラ対策ワクチン:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web):

新ごみ処理場 高島市議会、用地買収案否決 水害懸念相次ぎ /滋賀 – 毎日新聞

個人的には○○でなりません。 高島市議会は20日の本会議で、同市朽木宮前坊に建設予定の新ごみ処理場用地約4・5ヘクタールを1億3425万円で買収する議案について、賛成8、反対9の反対多数で否決した。予定地一帯は安曇川の浸水想定区域で、水害を懸念する意見が相次いだ。市は2025年度の稼働を目指しており、来年3月までに用地買収議案を改めて提出する方針だ。

国道「危険横断」有効な対策打てず 日本遺産認定後に観光客急増

滋賀県高島市鵜川の観光スポット・白鬚(しらひげ)神社の琵琶湖上にある大鳥居を見ようと、同神社付近の国道161号を横断する観光客が目立つ。一帯は交通量が多く、横断歩道がないことから、歩行者を巻き込む事故の発生が懸念されている。国や自治体、警察が安全対策に乗り出しているが、事故防止への有効策は見いだせていない。

コウノトリ:繁殖願い 兵庫の市民団体、人工巣塔を設置 高島 /滋賀 – 毎日新聞

素晴らしい支援をありがたいですねえ。 国の特別天然記念物コウノトリの営巣を促そうと、高島市マキノ町浦地区に16日、高さ約11メートルの人工巣塔が設置された。一帯は毎年春にコウノトリが飛来しており、産卵、繁殖を夢見る住民の願いに、兵庫県豊岡市の市民団体「コウノトリ湿地ネット」の佐竹節夫代表(70)らが応えた。