高島市Wiki

一緒に高島市のWiki情報作りましょう!

Wikiに飛ぶ

2018-12

スポーツ

全盲の男性、タンデム自転車で琵琶湖一周 2日間で150キロ走った理由 – withnews(ウィズニュース)

全盲の方がビワイチ(琵琶湖を一周すること)を自転車でされているのを何かで知っていた。そのことが記事になっていたのでクリップした。写真は残念ながら山野勝美さん本人では無い。高島市の唯一の社員だったので引用させていただいた。 結構長い記事だが葛...
フード

名称「並木カフェ メタセコイア」に 滋賀で来春新設 – 京都新聞 | This Kiji

そう言えば、メタセコイア並木のあたりはいろいろ拡張してますよね。そこに、Cafeが出来るらしいです。オープンしたら混雑して行列が出来て地元民はなかなか入れないでしょうねえ。 滋賀県高島市は農業公園マキノピックランド(同市マキノ町寺...
スポーツ

ゲレンデ華やか真っ赤なサンタ 箱館山スキー場でパレード – 京都新聞 | This Kiji

これは見に行っていたら楽しかっただろうね。赤色って白いスキー場には映えるだろうしねえ。70人ものサンタクロース姿で滑ってきたら華やかだったろうなあ〜。動画で撮影した人は居ないのかなあ。 クリスマスイブの24日、サンタクロース姿のス...
広報たかしま

広報たかしま2019年1月号

広報たかしま1月号が平成30(2018)年12月25日に発行されました。 詳細は高島市ウェブサイトの「こちら」です。 高島市のウェブサイトではページ毎にPDFが分割されておりますので、当ウェブサイトでは合体したものを置かせてい...
観光

写真ファンに人気 琵琶湖・朝日・大鳥居そろう絶好スポット : 京都新聞

なるほど。。。しかしこの記事を読んだ時点で既に冬至は過ぎていた。何のことって?当時の日に白鬚神社の鳥居を冬至の日の日の出の時に撮影すると鳥居と太陽の位置関係がベストポジションになるらしい。が〜ん。来年はちゃんと覚えておかないと!スマ...
新旭町

丸型ポスト:「かばた」の高島・針江で返り咲き 住民の声に応え /滋賀 – 毎日新聞

そっかあ、こう言う大型のポストはもう街中では見なくなってきているんですね。ポストも古くなると入れ替えをするんですね。その際に今はもう製造していない丸型ポストを申請したところ、探し出して綺麗にしたものを設置することになったそうだ。味わいがあっ...
安曇川町

観光客 5248万1000人最多 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

観光は、安曇川町を筆頭に好調のようだ。湖西地域での宿泊ニーズは昨年より30%弱の伸びで10万人近くも増加しているそうだ。逆に言うと利便性を高めればもっとニーズを開拓出来そうですね。安曇川の道の駅「藤樹の里あどがわ」も相変わらず滋賀県内の集客...
スポーツ

しっかりと降雪、一面の銀世界 箱館山スキー場営業開始 : 京都新聞

しっかりと降雪、一面の銀世界 箱館山スキー場営業開始 : 京都新聞: 滋賀県内のトップを切って、高島市今津町日置前の箱館山スキー場が14日、今季の営業を始めた。スキーシーズンの幕開けに合わせて、多くのスキーヤーやスノーボーダーがゲレンデに...
マキノ町

【琵琶湖】おすすめキャンプ場10選!焚き火やカヤックが楽しめる!美しい景観も魅力 | スポーツ施設・スポーツイベント情報検索サイトSPOT+[スポットプラス]

【琵琶湖】おすすめキャンプ場10選!焚き火やカヤックが楽しめる!美しい景観も魅力 | スポーツ施設・スポーツイベント情報検索サイトSPOT+: まるで海辺!?奥琵琶湖の湖畔にあるキャンプ場 【施設のおすすめポイント】 ・美しい湖面が目の前...
フード

ココクール・マザーレイク・セレクション:湖国で紡がれる物語/35 薫彩堂の「チーズふなずし」 /滋賀 – 毎日新聞

ココクール・マザーレイク・セレクション:湖国で紡がれる物語/35 薫彩堂の「チーズふなずし」 /滋賀 - 毎日新聞: 滋賀の伝統食であるふなずしをフレンチやイタリアンなどのシェフ、ソムリエたちと意見交換を重ね、現代風にアレンジしたのがこの...