2020年2月2日

陸自、射撃試験の内容を地元に知らせず 通常より高度打ち上げ、11回実施 昨年9月には照明弾落下事故 滋賀(京都新聞) – Yahoo!ニュース

滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場で昨年9月に照明弾の一部が民有地に落下した事故で、防衛省と陸自が、同演習場で同様の射撃試験を過去11回実施し、通常とは違う射撃試験の内容を市や住民に知らせていなかったことが1日までに、京都新聞社の取材で分かった。専門家は「防衛機密とまで言えず、内容を知らせないのは地元との信頼関係上、問題」と指摘する。 情報源: 陸自、射撃試験の内容を地元に知らせず  […]

白鬚神社前国道 音声装置を設置 横断は危険「遠慮を」 3カ国語で呼び掛け 高島署 /滋賀 – 毎日新聞

琵琶湖に浮かぶ「湖中の大鳥居」で知られる白鬚(しらひげ)神社(高島市鵜川(うかわ))で大鳥居を間近で見ようと、観光客が神社と湖岸の間を走る国道161号を無理に横断する危険なケースが後を絶たない。近年は「インスタ映え」するとして訪日外国人(インバウンド)も増え、水際から写真を撮る姿も目立つ。そばに横断歩道はなく、渡っても違法ではないが、高島署は音声で渡らないよう呼び掛ける3カ国語対応の装置を新設し、 […]