こと

新旭町

炎に揺らぐ湖岸の春 写真映え、ヨシ「火入れ」 : 京都新聞

害虫駆除のために対応しているんですね。残念ながら僕はインスタチャンスを捉えたことはありません。 滋賀県高島市新旭町針江のヨシ群落(約3ヘクタール)で2日、恒例の「火入れ」が行われた。琵琶湖岸に春を呼び込む炎と煙が上がった。 芽吹き...
スポーツ

びわこトライアスロン:近畿学生選手権兼ねる 高島で7月 /滋賀 – 毎日新聞

高島で毎年行われているトライアスロンも31回を迎えるのですね。思っていた以上に歴史がありますね。今年は近畿学生トライアスロンとのコラボも実現し更に大きな大会となるでしょう。 目の前を通過していく選手の醍醐味を今年も見せてくれるでしょう...
今津町

黄色ひょっこり早春の息吹 滋賀でザゼンソウ見頃 | 京都新聞

今年もザゼンソウの季節がやって来ましたねえ。ザゼンソウとカタクリの季節は、この群生地を訪れますねえ。気がついたら民家の近くまで入っていったこともあります。 僧侶が座禅する姿に似た「ザゼンソウ」の花が、滋賀県高島市今津町弘川の群生地...
歴史

パワースポットとしても知られる琵琶湖畔に佇む「白鬚神社」 | IGNITE(イグナイト)

高島市では知らない人は居ないほどの白鬚神社。昨今では観光のパワースポットとして取り上げられることが多くなりましたね。 今回は写真の枚数も多い情報で見ても読んでも楽しかったです。どんどん取り上げられると嬉しいなあ。 延命長寿 ...
マキノ町

学ぶ:活動紹介 高島市立マキノ中学校 助産師が「いのちの授業」 /滋賀 – 毎日新聞

なかなか教育として実施することが難しい分野を助産師さんならではの授業となったのでしょう。 少子化や都会への地元離れが進む中、地元で子どもを育てる良さも何か新しい教育で伝えられたら良いですね。 高島市立マキノ中学校で今月、斉藤...
安曇川町

倒壊恐れの空き家、代執行で解体着手 滋賀県高島市 : 京都新聞

住んでいる人も身よりのない建物があるんですね。倒壊は危険なので仕方の無いことですね。こういったことが起きないように、自分の資産は自分で閉じられるように、いざという時のために考えておかなければいけないですね。 滋賀県高島市は20日、...
安曇川町

書や絵 引き立てる名脇役 : 地域 : 読売新聞オンライン

表具の古典は珍しいのでは無いかな。こう言うものを高島市で作っていることは興味深いですね。一般人向けでは無く、芸術化を相手にした商品なのでなかなか地元にあっても気付かない。 一度は見てみたいですねえ。 書や絵を引き立たせる表具...
マキノ町

滋賀県民が教える、滋賀で楽しみたい春夏秋冬アウトドアアクティビティ | ガジェット通信 GetNews

ガジェット通信に高島市の海津大崎やマキノサニービーチが紹介されていました。ガジェット通信は人気のサイトなので、ここで紹介されるのは嬉しいですね。 他にも比叡山や米原のスキー場など奥琵琶湖の魅力を感じさせてくれていますよ。 そ...
新旭町

文化財防火デー:「ご神体」を避難 高島・日吉二宮神社で消火訓練 /滋賀 – 毎日新聞

神社の消防訓練は大切ですね。それにしても消防訓練が初めてだったのですね。他の神社はやっているのかなあ。 高島市新旭町深溝の日吉二宮神社で27日、火災の初期消火訓練があった。市文化財に指定されたご神体の彫刻7体(代替品)を、...
フード

【滋賀 最新レポ】 冬の郷土料理「じゅんじゅん」って? おすすめ店4選 | ガジェット通信 GetNews

なんと、「ガジェット通信」で高島のことが紹介されていました。 冬の郷土料理「じゅんじゅん」についてだそうです。実は僕も知らない郷土料理でした。 関西風すきやきを鉄板で焼き上げたアイテムです。ジュワっと香ばしく焼けたお肉の音が「じゅんじゅん」...