こと

1/3ページ

滋賀県高島市から生まれた、次世代漬物「10%Iam」【「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!】 | コラム | カルチャー & ライフ | FUDGE.jp

仕事で大変お世話になった方が、滋賀県高島市に移住をしました。時おり手紙のようにメールで送られてくる写真はまるで北欧のように美しい景色と、色鮮やかで豊かな「食」の写真たち。実は高島市の存在を知ったのはお世話になった方の移住がきっかけ。写真を見てぜひ一度訪れてみたいとずっと気になっていたので、早速高島市に伺い、念願の景色と「食」を体感することができました。

元日早朝の白鬚神社駐車場閉鎖について | 高島市(2020年元旦)

2020年元旦のお話です。 白鬚神社周辺の国道161号では、大晦日から元日にかけ、初詣や初日の出の写真撮影のために大勢の来客が予想され、通常より多くの車が白鬚神社周辺にお越しになることが見込まれます。 これにより、道路渋滞が予想されることから、元日午前2時から午前8時ごろまで白鬚神社駐車場が閉鎖され、高島警察署による駐車対策が実施されます。 上記時間中に白鬚神社へお越しの方は、神社付近の白ひげビー […]

国道「危険横断」有効な対策打てず 日本遺産認定後に観光客急増

NO IMAGE

滋賀県高島市鵜川の観光スポット・白鬚(しらひげ)神社の琵琶湖上にある大鳥居を見ようと、同神社付近の国道161号を横断する観光客が目立つ。一帯は交通量が多く、横断歩道がないことから、歩行者を巻き込む事故の発生が懸念されている。国や自治体、警察が安全対策に乗り出しているが、事故防止への有効策は見いだせていない。

たかしまじかん

こういうサイトを教えてもらいました。 同じ高島市の管理人として、応援したい〜! 物理的な場所があるなら伺ってみたいな。 高島市から、高島市に特化した情報発信をしたい。「知ることで楽しい日常を・伝わることで新しい出会いを。」との想いから、サイト立ち上げに向けて情報収集をする毎日です。制作途中・情報収集のまっただ中。みなさんと育てていきたいと思います☆情報提供、よろしくお願いいたします。※お店などの情 […]

炎に揺らぐ湖岸の春 写真映え、ヨシ「火入れ」 : 京都新聞

害虫駆除のために対応しているんですね。残念ながら僕はインスタチャンスを捉えたことはありません。 滋賀県高島市新旭町針江のヨシ群落(約3ヘクタール)で2日、恒例の「火入れ」が行われた。琵琶湖岸に春を呼び込む炎と煙が上がった。 芽吹きのシーズンを前に、雑草の種子や害虫を駆除し、ヨシの新芽の成長を促す。この日は淡海環境保全財団と市、地元団体の3者が、それぞれが管理するヨシ原で行った。

びわこトライアスロン:近畿学生選手権兼ねる 高島で7月 /滋賀 – 毎日新聞

高島で毎年行われているトライアスロンも31回を迎えるのですね。思っていた以上に歴史がありますね。今年は近畿学生トライアスロンとのコラボも実現し更に大きな大会となるでしょう。 目の前を通過していく選手の醍醐味を今年も見せてくれるでしょう。 県内外の市民アスリートに親しまれてきた「びわこトライアスロンin高島」は第31回を迎える今年、初めて近畿学生トライアスロン選手権を兼ねることになり、主催する県トラ […]

黄色ひょっこり早春の息吹 滋賀でザゼンソウ見頃 | 京都新聞

今年もザゼンソウの季節がやって来ましたねえ。ザゼンソウとカタクリの季節は、この群生地を訪れますねえ。気がついたら民家の近くまで入っていったこともあります。 僧侶が座禅する姿に似た「ザゼンソウ」の花が、滋賀県高島市今津町弘川の群生地で見頃を迎えた。冬枯れの風景の中で姿を現し、早春の息吹を伝えている。 サトイモ科の多年草で、湧き水で湿地化したハンノキや竹などの樹林に群落が広がる。濃い紫色の「仏炎包(ぶ […]

パワースポットとしても知られる琵琶湖畔に佇む「白鬚神社」 | IGNITE(イグナイト)

高島市では知らない人は居ないほどの白鬚神社。昨今では観光のパワースポットとして取り上げられることが多くなりましたね。 今回は写真の枚数も多い情報で見ても読んでも楽しかったです。どんどん取り上げられると嬉しいなあ。 延命長寿 白鬚の神として祀られ、縁結び・子授け・福徳開運・攘災招福・商売繁盛・交通安全など人の営みごとの導き・道開きの神として信仰される「白鬚神社」。 御祭神の猿田彦命(さるたひこのみこ […]

学ぶ:活動紹介 高島市立マキノ中学校 助産師が「いのちの授業」 /滋賀 – 毎日新聞

なかなか教育として実施することが難しい分野を助産師さんならではの授業となったのでしょう。 少子化や都会への地元離れが進む中、地元で子どもを育てる良さも何か新しい教育で伝えられたら良いですね。 高島市立マキノ中学校で今月、斉藤さんを講師に招いて行われた「こころ・いのちの授業」。1年生は「生命の奇跡」「思春期の心と体」のテーマで計2時限、2年生は「男女の付き合い方」、3年生は「性感染症」について各1時 […]

倒壊恐れの空き家、代執行で解体着手 滋賀県高島市 : 京都新聞

住んでいる人も身よりのない建物があるんですね。倒壊は危険なので仕方の無いことですね。こういったことが起きないように、自分の資産は自分で閉じられるように、いざという時のために考えておかなければいけないですね。 滋賀県高島市は20日、倒壊の恐れがある同市安曇川町北船木の所有者がいない家屋を「空き家対策推進特別措置法」に基づく略式代執行で解体に着手した。

1 3