予定

新ごみ処理場 高島市議会、用地買収案否決 水害懸念相次ぎ /滋賀 – 毎日新聞

個人的には○○でなりません。 高島市議会は20日の本会議で、同市朽木宮前坊に建設予定の新ごみ処理場用地約4・5ヘクタールを1億3425万円で買収する議案について、賛成8、反対9の反対多数で否決した。予定地一帯は安曇川の浸水想定区域で、水害を懸念する意見が相次いだ。市は2025年度の稼働を目指しており、来年3月までに用地買収議案を改めて提出する方針だ。

冬空にふわり、熱気球の旅楽しむ|社会|地域のニュース|京都新聞

湖西の冬空を彩る恒例の「熱気球琵琶湖横断大会」(同大会実行委員会主催)がこのほど、滋賀県高島市安曇川町一帯で開かれ、カラフルな気球が朝日に照らされてふわりと優雅に浮かんだ。 43回目の今年は、関西を中心に社会人や学生らの37チーム、約250人が2日間の大会に参加した。1日に行われた大会では、対岸の東近江市付近まで琵琶湖を横断する予定だったが、あいにく風向きが良好でなく、前日に続き予定を変更。安曇川 […]

撮影で国道横断絶えず 「危険、渡らないで」日中英3カ国語で看板、滋賀・名所の神社近く

NO IMAGE

滋賀県高島市鵜川の観光スポット・白鬚(しらひげ)神社付近の国道161号沿いに高島署が日本語と英語、中国語の3カ国語で、国道を横断しないよう呼び掛ける看板4枚を設置した。琵琶湖上にある大鳥居を見ようと、交通量が多い国道を横断する観光客が絶えないためで、近く3カ国語で訴える音声装置も設置する予定。

しっかりと降雪、一面の銀世界 箱館山スキー場営業開始 : 京都新聞

しっかりと降雪、一面の銀世界 箱館山スキー場営業開始 : 京都新聞: 滋賀県内のトップを切って、高島市今津町日置前の箱館山スキー場が14日、今季の営業を始めた。スキーシーズンの幕開けに合わせて、多くのスキーヤーやスノーボーダーがゲレンデに繰り出し、初滑りを満喫した。 早くも スキー場開き。昨年は15日オープンだったので普通なのかな。 箱館山スキー場は琵琶湖のそばなので、その展望も素晴らしいですよ。 […]