炎に揺らぐ湖岸の春 写真映え、ヨシ「火入れ」 : 京都新聞

害虫駆除のために対応しているんですね。残念ながら僕はインスタチャンスを捉えたことはありません。 滋賀県高島市新旭町針江のヨシ群落(約3ヘクタール)で2日、恒例の「火入れ」が行われた。琵琶湖岸に春を呼び込む炎と煙が上がった。 芽吹きのシーズンを前に、雑草の種子や害虫を駆除し、ヨシの新芽の成長を促す。この日は淡海環境保全財団と市、地元団体の3者が、それぞれが管理するヨシ原で行った。

講書始め:藤樹の志継ぎ、儒書朗読 教育関係者ら 高島 /滋賀 – 毎日新聞

僕ももっと勉強しなければならない分野ですね。教育関係者の方々による朗読。一般の方も参加できるのかな? 江戸初期の儒学者で近江聖人とたたえられる中江藤樹に倣い、新年に勉学の志を示す「講書始め」の行事が11日、高島市安曇川町の出身地にある藤樹書院で行われた。市や教育関係者ら約70人が上原重治教育長の先導で、藤樹が愛読した儒書「孝経」の一節を朗読した。

【滋賀 最新レポ】 冬の郷土料理「じゅんじゅん」って? おすすめ店4選 | ガジェット通信 GetNews

なんと、「ガジェット通信」で高島のことが紹介されていました。 冬の郷土料理「じゅんじゅん」についてだそうです。実は僕も知らない郷土料理でした。 関西風すきやきを鉄板で焼き上げたアイテムです。ジュワっと香ばしく焼けたお肉の音が「じゅんじゅん」とするので、この名前になったんだそうです。 これは美味しそうだ。焼肉とナベの中間料理ですかね。 皆さんは食べたことがありますか?   【滋賀 最新レポ】 冬の郷 […]

全盲の男性、タンデム自転車で琵琶湖一周 2日間で150キロ走った理由 – withnews(ウィズニュース)

全盲の方がビワイチ(琵琶湖を一周すること)を自転車でされているのを何かで知っていた。そのことが記事になっていたのでクリップした。写真は残念ながら山野勝美さん本人では無い。高島市の唯一の社員だったので引用させていただいた。 結構長い記事だが葛藤が色々書かれていて最後まで一気に読めた。 僕もいつかビワイチにチャレンジしたいな。 全盲の男性、タンデム自転車で琵琶湖一周 2日間で150キロ走った理由 &# […]

モノ・ヒト・コトの“はじまりのストーリー”を伝える特別企画が見本市のハブに―「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」(1) | デザイン情報サイト[JDN]

モノ・ヒト・コトの“はじまりのストーリー”を伝える特別企画が見本市のハブに―「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」(1) | デザイン情報サイト[JDN]: 和菓子のブランド「NANASAN(ナナサン)」は、滋賀県高島市安曇川町にある、1932年創業の老舗和菓子店「とも栄菓舗」の若い夫婦の職人が立ち上げました。ディレクションは、デザイナーの橋本崇秀さん。ブランド名は、革新的な試みを「7 […]

冬の味覚、今年も香りよく 滋賀の名物「箱館そば」が営業開始 : 京都新聞

冬の味覚、今年も香りよく 滋賀の名物「箱館そば」が営業開始 : 京都新聞: 滋賀県高島の冬の味覚・箱館そばを出す名物店「鴫野」(高島市今津町日置前)が10日、今季の営業を始めた。初日から新そば目当ての多くの客でにぎわった。 蕎麦好きにはたまらない話題ですねえ。この寒い時期の12月10日から来年の3月10日迄営業されるそうです。 今時の店にしてはウェブサイトが無いようです。食べログのサイトにリンクが […]

【駐在さん便り】空一面を彩る 熱気球琵琶湖横断大会 | MBS 関西のニュース

今年の12月1〜2日に行われた「第42回熱気球琵琶湖横断大会」の模様を動画でアップされていたのでクリップさせていただきました。動画なので臨場感や状況がよく伝わっていると思います。ありがとうございました。 僕も例年は意見していたのですが今年は残念ながら移動中に車の窓の外から見るという感じでした。 琵琶湖湖畔ではガスに火を付けるあたりから上がっていくまでを近くで見ることが出来ます。以外と大きな音なんだ […]