処理

新ごみ処理場 高島市議会、用地買収案否決 水害懸念相次ぎ /滋賀 – 毎日新聞

個人的には○○でなりません。 高島市議会は20日の本会議で、同市朽木宮前坊に建設予定の新ごみ処理場用地約4・5ヘクタールを1億3425万円で買収する議案について、賛成8、反対9の反対多数で否決した。予定地一帯は安曇川の浸水想定区域で、水害を懸念する意見が相次いだ。市は2025年度の稼働を目指しており、来年3月までに用地買収議案を改めて提出する方針だ。

がれき処理で協定 災害時想定し、高島市と業者 /滋賀 – 毎日新聞

高島市は災害時の大量のがれきを速やかに処理するため、専門業者の「大栄環境」=大阪府和泉市=と協定を結んだ。今月2日付。災害廃棄物処理を円滑にするための市の計画策定を大栄環境が支援し、廃棄物の撤去、運搬、処分に協力する。

倒壊ブナ「根返り」森林ピンチ 台風とシカ害ダブル、京滋府県境 : 京都新聞

こう言った倒れた大木を処理しないと、次の新芽を育てられないわけですね。こう言う細かな対応で、自然を守るとか、野生の動物が食べるものを確保しておくとか、洪水被害から守るとかいろんな事が影響してくるんだろうなあ。よろしくお願いいたします。 倒壊ブナ「根返り」森林ピンチ 台風とシカ害ダブル、京滋府県境 : 京都新聞: 一昨年からの度重なる台風被害が、山奥の天然林に現在も爪痕を残している。京都府南丹市美山 […]