同市

新ごみ処理場 高島市議会、用地買収案否決 水害懸念相次ぎ /滋賀 – 毎日新聞

個人的には○○でなりません。 高島市議会は20日の本会議で、同市朽木宮前坊に建設予定の新ごみ処理場用地約4・5ヘクタールを1億3425万円で買収する議案について、賛成8、反対9の反対多数で否決した。予定地一帯は安曇川の浸水想定区域で、水害を懸念する意見が相次いだ。市は2025年度の稼働を目指しており、来年3月までに用地買収議案を改めて提出する方針だ。

先輩らとハイタッチ 高島市職員新人10人が内定式 /滋賀 – 毎日新聞

来春、高島市職員に採用される10人の内定式が先月25日、同市役所で開かれ、先輩職員とハイタッチして式場に入った若者はフレッシュな笑顔を振りまいた。内定者との絆を深めようと昨年初めて実施。県内では同市だけといい今春入庁の職員が企画、運営した。ユニークな式を長浜市職員が視察に訪れた。

湖上カヤック:力を合わせて1泊2日の旅 高島・マキノ東小 /滋賀 – 毎日新聞

高島市立マキノ東小の5、6年生計25人が23日朝、同市マキノ町海津にある学校前の琵琶湖岸から1泊2日往復約40キロの湖上カヤックの旅に出発した。25人が力を合わせて成長しようと、児童は4月から9回、練習を積んできた。

3カ所分散の機能統合、市役所本庁舎オープン 滋賀・高島 : 京都新聞

これで、複数の用事がある時に一度に済ませられるし嬉しい。それに、ここに行けば大丈夫という安心感もあるしねえ〜。 2005年1月の6町村合併以来、3カ所に分散していた滋賀県高島市役所本庁舎機能を統合させる整備工事が完了し、7日に同市役所本庁舎(同市新旭町北畑)でグランドオープン式典が行われた。市職員らが真新しい雰囲気の中で、業務を開始した。

倒壊恐れの空き家、代執行で解体着手 滋賀県高島市 : 京都新聞

住んでいる人も身よりのない建物があるんですね。倒壊は危険なので仕方の無いことですね。こういったことが起きないように、自分の資産は自分で閉じられるように、いざという時のために考えておかなければいけないですね。 滋賀県高島市は20日、倒壊の恐れがある同市安曇川町北船木の所有者がいない家屋を「空き家対策推進特別措置法」に基づく略式代執行で解体に着手した。

書や絵 引き立てる名脇役 : 地域 : 読売新聞オンライン

表具の古典は珍しいのでは無いかな。こう言うものを高島市で作っていることは興味深いですね。一般人向けでは無く、芸術化を相手にした商品なのでなかなか地元にあっても気付かない。 一度は見てみたいですねえ。 書や絵を引き立たせる表具の奥深さを伝える個展「生活の柄」が20日、高島市安曇川町のギャラリー藤乃井別館で始まる。 出品者は、同市勝野の表具店の4代目、土井健雄さん(45)。成人するまで家業を継ぐ意志は […]

名称「並木カフェ メタセコイア」に 滋賀で来春新設 – 京都新聞 | This Kiji

そう言えば、メタセコイア並木のあたりはいろいろ拡張してますよね。そこに、Cafeが出来るらしいです。オープンしたら混雑して行列が出来て地元民はなかなか入れないでしょうねえ。 滋賀県高島市は農業公園マキノピックランド(同市マキノ町寺久保)に来春新設するカフェの名称について、公募作から「並木カフェ メタセコイア」に決定したと発表した。

陸自実弾射撃訓練の中止訴え市民集会 高島:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)

陸自実弾射撃訓練の中止訴え市民集会 高島:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web): 高島市の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場の迫撃砲弾の落下事故を受け、実弾射撃訓練に反対する集会が八日、同市のJR近江今津駅前の住吉公園であった=写真。 事故が起きると必ず反対集会が起きるのは仕方の無いことでしょうね。一方で、訓練しなければいざという時に自衛隊としての機能が心配です。自衛隊が居るから他国の協力を […]