場所

湖国で暮らす:移住した人々/7 坂井田智宏さん=高島市 自然の宝庫、魅力発信 /滋賀 – 毎日新聞

2005年に名古屋市から高島市に移り住んだ坂井田智宏さん(42)。びわ湖高島観光協会の職員として、自然が豊かで数多くの場所が「日本の百選」に選ばれた高島の魅力を国内外に発信している。

たかしまじかん

こういうサイトを教えてもらいました。 同じ高島市の管理人として、応援したい〜! 物理的な場所があるなら伺ってみたいな。 高島市から、高島市に特化した情報発信をしたい。「知ることで楽しい日常を・伝わることで新しい出会いを。」との想いから、サイト立ち上げに向けて情報収集をする毎日です。制作途中・情報収集のまっただ中。みなさんと育てていきたいと思います☆情報提供、よろしくお願いいたします。※お店などの情 […]

文化財防火デー:「ご神体」を避難 高島・日吉二宮神社で消火訓練 /滋賀 – 毎日新聞

神社の消防訓練は大切ですね。それにしても消防訓練が初めてだったのですね。他の神社はやっているのかなあ。 高島市新旭町深溝の日吉二宮神社で27日、火災の初期消火訓練があった。市文化財に指定されたご神体の彫刻7体(代替品)を、氏子らが抱きかかえて本殿から安全な場所に運び出した。同神社ではこれまで消火訓練がされたことはないといい、26日の「文化財防火デー」に合わせて市と市消防本部が実施した。

観光客 5248万1000人最多 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

観光は、安曇川町を筆頭に好調のようだ。湖西地域での宿泊ニーズは昨年より30%弱の伸びで10万人近くも増加しているそうだ。逆に言うと利便性を高めればもっとニーズを開拓出来そうですね。安曇川の道の駅「藤樹の里あどがわ」も相変わらず滋賀県内の集客としてはトップを走り続けていますね。下品な言い方かもしれないが、この80万人のお客に対して何かを考えればもっとお金を落としていってくれるのでは無かろうか。 道の […]