対応

炎に揺らぐ湖岸の春 写真映え、ヨシ「火入れ」 : 京都新聞

害虫駆除のために対応しているんですね。残念ながら僕はインスタチャンスを捉えたことはありません。 滋賀県高島市新旭町針江のヨシ群落(約3ヘクタール)で2日、恒例の「火入れ」が行われた。琵琶湖岸に春を呼び込む炎と煙が上がった。 芽吹きのシーズンを前に、雑草の種子や害虫を駆除し、ヨシの新芽の成長を促す。この日は淡海環境保全財団と市、地元団体の3者が、それぞれが管理するヨシ原で行った。

倒壊ブナ「根返り」森林ピンチ 台風とシカ害ダブル、京滋府県境 : 京都新聞

こう言った倒れた大木を処理しないと、次の新芽を育てられないわけですね。こう言う細かな対応で、自然を守るとか、野生の動物が食べるものを確保しておくとか、洪水被害から守るとかいろんな事が影響してくるんだろうなあ。よろしくお願いいたします。 倒壊ブナ「根返り」森林ピンチ 台風とシカ害ダブル、京滋府県境 : 京都新聞: 一昨年からの度重なる台風被害が、山奥の天然林に現在も爪痕を残している。京都府南丹市美山 […]