対策

元日早朝の白鬚神社駐車場閉鎖について | 高島市(2020年元旦)

2020年元旦のお話です。 白鬚神社周辺の国道161号では、大晦日から元日にかけ、初詣や初日の出の写真撮影のために大勢の来客が予想され、通常より多くの車が白鬚神社周辺にお越しになることが見込まれます。 これにより、道路渋滞が予想されることから、元日午前2時から午前8時ごろまで白鬚神社駐車場が閉鎖され、高島警察署による駐車対策が実施されます。 上記時間中に白鬚神社へお越しの方は、神社付近の白ひげビー […]

滋賀県警ユニークな特殊詐欺対策 強烈ポスターに御朱印も | 共同通信

強烈なインパクトのあるポスターに、御朱印を模したチラシ―。滋賀県警は、特殊詐欺事件の被害防止に向けたユニークな取り組みを相次いで打ち出している。その効果からか、2019年度上半期の滋賀県の特殊詐欺阻止率は71.9%と全国平均の42.9%を大きく上回った。担当者は「県民の意識が高まった結果だ」と胸を張る。

国道「危険横断」有効な対策打てず 日本遺産認定後に観光客急増

NO IMAGE

滋賀県高島市鵜川の観光スポット・白鬚(しらひげ)神社の琵琶湖上にある大鳥居を見ようと、同神社付近の国道161号を横断する観光客が目立つ。一帯は交通量が多く、横断歩道がないことから、歩行者を巻き込む事故の発生が懸念されている。国や自治体、警察が安全対策に乗り出しているが、事故防止への有効策は見いだせていない。

倒壊恐れの空き家、代執行で解体着手 滋賀県高島市 : 京都新聞

住んでいる人も身よりのない建物があるんですね。倒壊は危険なので仕方の無いことですね。こういったことが起きないように、自分の資産は自分で閉じられるように、いざという時のために考えておかなければいけないですね。 滋賀県高島市は20日、倒壊の恐れがある同市安曇川町北船木の所有者がいない家屋を「空き家対策推進特別措置法」に基づく略式代執行で解体に着手した。