朽木

新ごみ処理場 高島市議会、用地買収案否決 水害懸念相次ぎ /滋賀 – 毎日新聞

個人的には○○でなりません。 高島市議会は20日の本会議で、同市朽木宮前坊に建設予定の新ごみ処理場用地約4・5ヘクタールを1億3425万円で買収する議案について、賛成8、反対9の反対多数で否決した。予定地一帯は安曇川の浸水想定区域で、水害を懸念する意見が相次いだ。市は2025年度の稼働を目指しており、来年3月までに用地買収議案を改めて提出する方針だ。

【全国紅葉の絶景:まとめ】一度は訪れてみたい!神がかった美しさの日本の絶景 50選 | OVO [オーヴォ]

【全国紅葉の絶景:まとめ】一度は訪れてみたい!神がかった美しさの日本の絶景 50選 | OVO [オーヴォ]: 滋賀県と福井県の県境に位置する、滋賀県高島市朽木の「小入谷」。10月~11月頃の冷え込む晴れた早朝に、朽木小入谷の林道から南の方向に霧が立ちこめ、見事な雲海が出現する絶景スポット。 10月下旬頃には、紅葉と雲海の夢のような絶景が見られます。

倒壊ブナ「根返り」森林ピンチ 台風とシカ害ダブル、京滋府県境 : 京都新聞

こう言った倒れた大木を処理しないと、次の新芽を育てられないわけですね。こう言う細かな対応で、自然を守るとか、野生の動物が食べるものを確保しておくとか、洪水被害から守るとかいろんな事が影響してくるんだろうなあ。よろしくお願いいたします。 倒壊ブナ「根返り」森林ピンチ 台風とシカ害ダブル、京滋府県境 : 京都新聞: 一昨年からの度重なる台風被害が、山奥の天然林に現在も爪痕を残している。京都府南丹市美山 […]

暖かな天候で?師走にシャクナゲ咲く 冬枯れの森に鮮やかピンク – 京都新聞 | This kiji is

季節外れのシャクナゲの花だそうな。本来は5月だって。もの凄い勘違いで咲くんですねえ。 暖かな天候で?師走にシャクナゲ咲く 冬枯れの森に鮮やかピンク – 京都新聞 | This kiji is: 春から初夏にかけて咲くシャクナゲの花が、滋賀県高島市朽木古屋の山中で開きだしている。紅葉の季節を終え、冬枯れした師走の森に鮮やかなピンク色が映える。

植林:どんぐり苗を 朽木東小6年生、種まきから育てる 高島 /滋賀 – 毎日新聞

朽木は、こう言った教育活動が盛んで良いよね〜。この時期、風邪を引かないように頑張ろう!たくましく育ちそうだなあ〜。 植林:どんぐり苗を 朽木東小6年生、種まきから育てる 高島 /滋賀 – 毎日新聞: 高島市立朽木東小学校の6年生10人が11月30日、拾ったどんぐりを種まきして芽吹かせ、3年間育てた苗を保護者らと一緒に山に植林した。どんぐりが自生するのに十分な大きさに育つには約10年かか […]

「bellicon(R)トランポリン」に新色ベージュとレッドが登場 体重と目的に合わせカスタマイズできる唯一のトランポリン|BIGLOBEニュース

25年も前からトランポリンを輸入している朽木の会社を紹介していた。本社はドイツだそうですよ。 「bellicon(R)トランポリン」に新色ベージュとレッドが登場 体重と目的に合わせカスタマイズできる唯一のトランポリン|BIGLOBEニュース: ドイツ事務所を拠点にした輸入商社である有限会社インタービジョン(所在地:滋賀県高島市、代表:西川 力)は、多様なニーズに応えるドイツクオリティのトランポリン […]