残念

オスプレイ飛行ルート、最後まで自治体に伝えず 京都や滋賀上空で「確認」|社会|地域のニュース|京都新聞

陸上自衛隊と米海兵隊が高島市の陸自饗庭野(あいばの)演習場などで1日から実施してきた日米共同訓練が、13日終了した。今年2月に続いて訓練に参加した米軍輸送機オスプレイの飛行ルートは、今回も関係自治体に伝えられず、高島市担当者は「陸自や防衛省を通じて要請した、事前での飛行ルートの説明がなかったのは残念だ」とした。

炎に揺らぐ湖岸の春 写真映え、ヨシ「火入れ」 : 京都新聞

害虫駆除のために対応しているんですね。残念ながら僕はインスタチャンスを捉えたことはありません。 滋賀県高島市新旭町針江のヨシ群落(約3ヘクタール)で2日、恒例の「火入れ」が行われた。琵琶湖岸に春を呼び込む炎と煙が上がった。 芽吹きのシーズンを前に、雑草の種子や害虫を駆除し、ヨシの新芽の成長を促す。この日は淡海環境保全財団と市、地元団体の3者が、それぞれが管理するヨシ原で行った。

パイプいす、バスケゴールに 体育館いす散乱、卒業式が遅延 : 京都新聞

残念な事件です。 1日午前7時半ごろ、滋賀県高島市今津町今津の高島高の体育館で、パイプいすが積み上げられたり、壁にガムテープが貼られているのを、教職員が見つけた。高島署が建造物侵入の疑いで調べている。

新成人、戦車と綱引き 滋賀・陸自今津駐屯地、先輩隊員も加勢 : 京都新聞

成人式で綱引きとは粋なイベントですね。新成人は30人いるそうですが残念ながら訓練で出られない若者もおり19人と先輩でチャレンジ。 無事に戦車が動いてこれは勝ちになるのかな? 現場の盛り上がりを見てみたかったな。 新成人、戦車と綱引き 滋賀・陸自今津駐屯地、先輩隊員も加勢 : 京都新聞: 陸上自衛隊今津駐屯地(滋賀県高島市)で15日、成人式が行われ、大人の仲間入りをした隊員たちが、恒例の戦車との綱引 […]

全盲の男性、タンデム自転車で琵琶湖一周 2日間で150キロ走った理由 – withnews(ウィズニュース)

全盲の方がビワイチ(琵琶湖を一周すること)を自転車でされているのを何かで知っていた。そのことが記事になっていたのでクリップした。写真は残念ながら山野勝美さん本人では無い。高島市の唯一の社員だったので引用させていただいた。 結構長い記事だが葛藤が色々書かれていて最後まで一気に読めた。 僕もいつかビワイチにチャレンジしたいな。 全盲の男性、タンデム自転車で琵琶湖一周 2日間で150キロ走った理由 &# […]

ガラス作品 季節感じて : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

ガラス作品 季節感じて : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE): 冬から春への「日々のうつろい」を感じさせるガラスの作品展が8日、高島市安曇川町のギャラリー藤乃井別館で始まる。13日まで。出展者は市内にアトリエ兼ギャラリー「琴線」を構えるガラス作家の時澤真美さん(40)。透明なガラスの中に白いクマやツリーが浮かぶクリスマス用オブジェや、葉や橙だいだいもガラスで出来た鏡餅、金箔きんぱ […]

【駐在さん便り】空一面を彩る 熱気球琵琶湖横断大会 | MBS 関西のニュース

今年の12月1〜2日に行われた「第42回熱気球琵琶湖横断大会」の模様を動画でアップされていたのでクリップさせていただきました。動画なので臨場感や状況がよく伝わっていると思います。ありがとうございました。 僕も例年は意見していたのですが今年は残念ながら移動中に車の窓の外から見るという感じでした。 琵琶湖湖畔ではガスに火を付けるあたりから上がっていくまでを近くで見ることが出来ます。以外と大きな音なんだ […]

滋賀:琵琶湖で氷魚漁解禁 平年並みに回復 – 毎日新聞

高島市にとって鮎での生活は私的にもブランド的にも大切な要素なので台風の影響から心配されていた不漁が平年並みに復活したとのことです。漁師の方も言われていますが一安心ですね。 滋賀:琵琶湖で氷魚漁解禁 平年並みに回復 – 毎日新聞: アユの稚魚・氷魚(ひうお)漁が1日、琵琶湖で解禁され、6.16トンが初水揚げされた。2年連続の不漁から平年値(6.36トン)並みに回復したが、漁獲が好調な北湖 […]