活動

滋賀県の3市が人材確保で連携  :日本経済新聞

滋賀県の3市が人材確保で連携  :日本経済新聞: 滋賀県の長浜、彦根、高島の3市は2月24日に人材確保に向けた「合同公務員フォーラム」を開く。地域を活性化する仕事の魅力ややりがいを伝えて、就職活動を控える学生に進路選択の1つとするよう促す狙いだ。交通の便がいい米原市で開催する。定員は180人で事前申し込みが必要となる。

学ぶ:活動紹介 高島市立マキノ中学校 助産師が「いのちの授業」 /滋賀 – 毎日新聞

なかなか教育として実施することが難しい分野を助産師さんならではの授業となったのでしょう。 少子化や都会への地元離れが進む中、地元で子どもを育てる良さも何か新しい教育で伝えられたら良いですね。 高島市立マキノ中学校で今月、斉藤さんを講師に招いて行われた「こころ・いのちの授業」。1年生は「生命の奇跡」「思春期の心と体」のテーマで計2時限、2年生は「男女の付き合い方」、3年生は「性感染症」について各1時 […]

植林:どんぐり苗を 朽木東小6年生、種まきから育てる 高島 /滋賀 – 毎日新聞

朽木は、こう言った教育活動が盛んで良いよね〜。この時期、風邪を引かないように頑張ろう!たくましく育ちそうだなあ〜。 植林:どんぐり苗を 朽木東小6年生、種まきから育てる 高島 /滋賀 – 毎日新聞: 高島市立朽木東小学校の6年生10人が11月30日、拾ったどんぐりを種まきして芽吹かせ、3年間育てた苗を保護者らと一緒に山に植林した。どんぐりが自生するのに十分な大きさに育つには約10年かか […]