20

新ごみ処理場 高島市議会、用地買収案否決 水害懸念相次ぎ /滋賀 – 毎日新聞

個人的には○○でなりません。 高島市議会は20日の本会議で、同市朽木宮前坊に建設予定の新ごみ処理場用地約4・5ヘクタールを1億3425万円で買収する議案について、賛成8、反対9の反対多数で否決した。予定地一帯は安曇川の浸水想定区域で、水害を懸念する意見が相次いだ。市は2025年度の稼働を目指しており、来年3月までに用地買収議案を改めて提出する方針だ。

児童虐待防止、オレンジリボンリレーに570人 高島 /滋賀 – 毎日新聞

「子どもの笑顔がいちばん!」と、児童虐待防止を呼びかけながら湖畔を走る「第10回びわ湖1周オレンジリボンたすきリレー」は2日目の20日、高島市の県立こどもの国にゴールした。

滋賀)自転車で琵琶湖一周に挑戦 安曇川中の2年生:朝日新聞デジタル

滋賀県高島市立安曇川中学校の2年生93人が20日、自転車で琵琶湖を一周する「ツールドびわ湖2019」に出発した。仲間と身近な琵琶湖を巡りながら、感動体験をしようと15年前から始まった恒例行事。21日までの2日間で約160キロを走りきるという。

水田に軽乗用車が転落 男性が死亡 高島 : 京都新聞

水田に軽乗用車が転落 男性が死亡 高島 : 京都新聞: 28日午前11時20分ごろ、滋賀県高島市安曇川町四津川の水田に軽乗用車が落ちているのを通行人が見つけ119番した。運転席にいた近くの食料品店経営の男性(60)が死亡した。滋賀県警高島署によると、男性が農道を走行中に、約50センチ下の水田に転落したとみられる、という。

倒壊恐れの空き家、代執行で解体着手 滋賀県高島市 : 京都新聞

住んでいる人も身よりのない建物があるんですね。倒壊は危険なので仕方の無いことですね。こういったことが起きないように、自分の資産は自分で閉じられるように、いざという時のために考えておかなければいけないですね。 滋賀県高島市は20日、倒壊の恐れがある同市安曇川町北船木の所有者がいない家屋を「空き家対策推進特別措置法」に基づく略式代執行で解体に着手した。

書や絵 引き立てる名脇役 : 地域 : 読売新聞オンライン

表具の古典は珍しいのでは無いかな。こう言うものを高島市で作っていることは興味深いですね。一般人向けでは無く、芸術化を相手にした商品なのでなかなか地元にあっても気付かない。 一度は見てみたいですねえ。 書や絵を引き立たせる表具の奥深さを伝える個展「生活の柄」が20日、高島市安曇川町のギャラリー藤乃井別館で始まる。 出品者は、同市勝野の表具店の4代目、土井健雄さん(45)。成人するまで家業を継ぐ意志は […]