琵琶湖治水の先人知って 江戸後期の「太郎兵衛三代」 郷土史家・石田さん、書籍出版 高島 /滋賀 – 毎日新聞

  • 2020.01.29

高島市の郷土史家、石田弘子さん(74)が、江戸後期に琵琶湖畔の村々の水害を減らそうと瀬田川の川ざらえに奔走した、深溝村(現・高島市新旭町深溝)の庄屋・太郎兵衛の3代、約半世紀にわたる労苦をまとめた書籍「琵琶湖治水に命をかけた 藤本太郎兵衛三代」を出版した。太郎兵衛の顕彰活動を続ける石田さんは「太郎兵衛は地元以外であまり知られていない。『治水の先覚者』であった偉大な先人の足跡を記録し、次世代に伝えた […]

棚田オーナー募集 高島・鵜川で30組、来月末まで受け付け /滋賀 – 毎日新聞

  • 2020.01.29

高島市鵜川(うかわ)にあり、眼下に琵琶湖が一望できる景観が人気の「鵜川の棚田」を守る鵜川棚田保存会(山田善嗣会長)が、2020年度の棚田オーナーの募集を始めた。都会の人たちに田植えと稲刈りを体験してもらい、江戸時代から続く棚田を保全する取り組み。5年目を迎え、2月末まで30組を受け付ける。 情報源: 棚田オーナー募集 高島・鵜川で30組、来月末まで受け付け /滋賀 – 毎日新聞

邇々杵神社で50人が消防訓練 高島 /滋賀 – 毎日新聞

  • 2020.01.27

「文化財防火デー」の26日、高島市朽木宮前坊の邇々杵(ににぎ)神社で消防訓練があり、市消防本部と地元消防団、自治会の宮前坊区などから計約50人が参加した。境内は神社と神宮寺が併存した江戸時代までの神仏習合の跡をとどめ、多宝塔や仏像、神社本殿など計5件の県、市指定の有形文化財があり、住民は防火意識を… 情報源: 邇々杵神社で50人が消防訓練 高島 /滋賀 – 毎日新聞

線路脇で出火、のり面の雑草焼く JR湖西線の運行に影響 | 京都新聞

  • 2020.01.27

26日午後3時55分ごろ、滋賀県高島市マキノ町沢のJR湖西線マキノ―近江中庄間の線路脇から出火、のり面の雑草など約168平方メートルが焼けた。 JR西日本によると、上下9本が最大34分遅れ、約2100人に影響した。 情報源: 線路脇で出火、のり面の雑草焼く JR湖西線の運行に影響 | 京都新聞

湖西書き初め展 知事賞に大津の万木さん 高島で2月2日まで /滋賀 – 毎日新聞

  • 2020.01.27

第41回湖西書き初め展(実行委主催、毎日新聞大津支局など後援)と同展青少年の部(高島市教委主催)が25日、同市安曇川町の藤樹の里文化芸術会館で始まり、書道愛好者や子供たちの作品を確かめる親子連れらが訪れた。2月2日まで(1月27日は休館)。 情報源: 湖西書き初め展 知事賞に大津の万木さん 高島で2月2日まで /滋賀 – 毎日新聞

税と選挙を学ぼう 安曇川中生に税務署、選管が授業 高島 /滋賀 – 毎日新聞

  • 2020.01.27

高島市立安曇川中学校の3年生80人が市選管と今津税務署(同市)の担当者から税の使い方について学ぶ授業が24日、学校近くの安曇川ふれあいセンターホールで開かれた。選管と税務署がコラボした授業は県内で初めて。 情報源: 税と選挙を学ぼう 安曇川中生に税務署、選管が授業 高島 /滋賀 – 毎日新聞

PLANT、バーコード決済導入  :日本経済新聞

当初使えるのは、d払い、ペイペイ、アリペイ、ウィーチャットペイの4種類のようだ。楽ペイもぜひ使えるようにして欲しい。 PLANT、バーコード決済導入  :日本経済新聞: PLANTは20日、バーコードを使ったキャッシュレス決済を21日から導入すると発表した。まず、同社が運営するディスカウントストア「PLANT」の坂井店(福井県坂井市)、高島店(滋賀県高島市)、木津川店(京都府木津川市)の3店舗で先 […]

滋賀県の3市が人材確保で連携  :日本経済新聞

滋賀県の3市が人材確保で連携  :日本経済新聞: 滋賀県の長浜、彦根、高島の3市は2月24日に人材確保に向けた「合同公務員フォーラム」を開く。地域を活性化する仕事の魅力ややりがいを伝えて、就職活動を控える学生に進路選択の1つとするよう促す狙いだ。交通の便がいい米原市で開催する。定員は180人で事前申し込みが必要となる。

滋賀県高島市から生まれた、次世代漬物「10%Iam」【「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!】 | コラム | カルチャー & ライフ | FUDGE.jp

仕事で大変お世話になった方が、滋賀県高島市に移住をしました。時おり手紙のようにメールで送られてくる写真はまるで北欧のように美しい景色と、色鮮やかで豊かな「食」の写真たち。実は高島市の存在を知ったのはお世話になった方の移住がきっかけ。写真を見てぜひ一度訪れてみたいとずっと気になっていたので、早速高島市に伺い、念願の景色と「食」を体感することができました。

1 2 14